着火!

はい、ボイラー直りました!
着火OKでございます。

今回は、メインの基盤交換ということで、とても自力で直すわけにもいかなかったので(基盤の交換くらいならできるが)、メーカーのメカニックに来てもらっての修理でした。
ついでに、排ガスチェックもしてもらって、酸素濃度が低いことがわかり、そのへんの調節もしてもらいました。

しかし、工賃はいいとして、部品代が高くてびっくり!総額6桁コースでした…。まあ仕事に必要なものなのでこれはしょうがない…。

10-2



— posted by yasu at 10:35 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

今日は日曜やで~。

牧草作業のため、バイクで出勤です。
小さいトラクタで行くと1時間ほどかかってしまうところですが、バイクで行くとなるとちょっと物足りない距離です…。
そこに着くと、となりの田んぼのおっちゃんが声をかけてくれました。
「今日は日曜、休みの日やで」と。
まあ、そうなんですけどね、明日は雨降りそうやし…。

まずはもういちど反転作業から。そして、お昼前にもういちど反転機でこんどはウィンドローを作り、午後からロール作業となりました。
なぜか今日の出だしはロールベーラーもちょっとご機嫌ななめ、後半は調子よくなりましたが。
忘れ物もする、怪我もする。弁当足りず腹も減る。思ったほど天気がよくなくて牧草の乾きもいまいち、よって、運ぶのも重い。

それでも3人でかかれば、予定通りに終了、収量もまずます。
10-1



— posted by yasu at 10:53 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

いい天気でよく乾く

ボイラー不具合のせいでなにかと引きずられ予定が狂いまくりの日々ですが、今日出来ることを今日やろう。

とりあえず今日外せない仕事のひとつに昨日刈った牧草の乾燥作業。といっても、トラクタに付けた反転機で走るだけですけど。それでも約4反、3枚の牧草田、しっかり反転させるにはゆっくり走らねばならんし、移動にも少々時間がかかる。そういえば、先日の台風の被害は1枚だけと思っていたが、その隣の田んぼも水没してたと地元の人に今日聞いた。昨日そこを刈りかけたけど、あまりのぬかるみのひどさにどうしたんだ?と、1周回って断念したところ。そのときはあまり気がつかなかったけれど、ゴミもかなり入っているぞ、とのことで、ここもひょっとしたらダメかも?まあもういちど日を見てトライしてみます。

しかし今日は暑い。トラクタに乗ってたら背中が焼けそうだ。帽子も顔がすっぽり隠れる通称「おばちゃん帽」を忘れて普通のキャップ。ツバの部分をヒマワリのようにくるくる回して日よけなり。
9-30



— posted by yasu at 10:38 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

失火

カモ仕事には大量のお湯を使います。それには給湯器ではなく蒸気ボイラーを使っていて、かなり短時間のうちに所要温度まで上げることができます。これがないと仕事にならんのですが、それがつかなくなりました。いや、たまに着くんですがかなり気まぐれ。10回操作してようやくつくって感じ。一度消えれば自動で再着火できないような状況。

最初はガス欠というか燃料切れで、そうなればしばらくエア抜きをしないと正常燃焼にならないのですが、それは想定内。しかし、その後も着火不良が続いてどうもおかしい。前も突然つかなくなったことがあり、そのときはバーナーの掃除で復活したのですが、それが詰まるにしたら早すぎる。

ということで、いろいろ検証。あまり時間もないが…。
燃料がきているかどうか、着火のバーナーの火が飛んでいないかの切り分け。バーナー手前で配管を外しスイッチを入れてみるが、燃料がぜんぜん出てこない。ということで、燃料系と判断。
では、なぜ燃料が来ないのか?まずはフィルターを見る。詰まり無し。燃料の圧力もOK、ということは、バーナー手前にある電磁バルブが開いてないってこと。安全のためか2個直列にならんだバルブ、どっちかいっこでも開かないと燃料もでないわけで。

ここまできて、この電磁バルブの不良とほぼ確定、なぜか同じ規格のこんなもんまで新品のジャンク(?)があるではないか。やはりモノは捨てられん。しかし、いまここで交換するのはちょっと面倒なので、とりあえず今日のところはたまにつくのを期待して作業開始となりましたが、やはり一度消えてその後はつかない…。

どうしようか、交換しようかな、と、思ったところで、先にそのバルブに電圧がかかっているかを確認してみたら、あらなんと制御基盤から200Vが出力されていないではないか。そして、たまにつくときはしっかり200Vがきています。ということは電磁バルブじゃないやんか。そうなったらもうこれは手に負えないです。

ということで、ここでメーカーに連絡、朝8時すぎだったのですが早々に対応してくれ、10時ごろにはサービスマンがきてくださりました。経過を話すと「えらい詳しいですね、うちが見てもそんなところですわ」と、けっきょく制御基盤の不良ということになりました。

古い機種なので部品があるかなぁ、なんて言っていましたが、なんとか姫路にあったようですぐに部品を手配してくれましたが、修理はちょっと先になるようで、この先のカモ仕事の段取りがちょいとドタバタしそうです。ひょっとしてご迷惑をおかけするかもしれません。すみません…。

※「失火」という意味は世間一般では「火災を起こす」という意味合いが強いですが、「エンジンやボイラーなどの火が付かない」、「途中で消える」という意味もあります。

— posted by yasu at 12:20 am   commentComment [6]  pingTrackBack [0]

「雨なので

わたしもずっとカモ仕事」

お、今日もまた一句できた。

そう、雨が降れば外仕事もできないのです。ま、ふつうに考えてそうやんな。人手も増えるわけで仕事も早く終わり、そういうときは牛仕事。獣医さんにきてもらい、妊娠鑑定とか発情の来ない牛の診察とかなどなど。ついでに大掃除も。今ごろ水道管が破裂して水浸し。かなわんな~。もちろん凍結じゃないですよ。牛が遊んでぶっ壊しただけです。

— posted by yasu at 12:07 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0143 sec.
2017.10
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 232425262728
293031