車輪。

カモ処理のときに、脱羽機にかけて抜けた羽を受けるカゴの車輪を交換しました。いっぱいにたまったら、サッと動かしてカゴを交換するので、車輪がついていないと動かせないのでギリギリの高さで車輪を取り付けているのですが、最低地上高(?)が低く、でかい車輪を取り付けできません。それなのに、けっこうな重量がかかるし、グレーチングなどに引っかかったりするので、消耗も激しく、最近動かんなぁ、と思っていたらオムスビ型になっていました。

10-7


これはカムではありません。真円度が高いほどスムーズに動くれっきとした車輪です。ここまで放置すんなよなぁ。よほど何も無いほうが動きやすそう。ゴムだけに滑りそうにない。
ということで、今回はプラ車輪にしました。あまり意味は無いけれど。しかし、今度は動きすぎて置く位置が決まらん。

— posted by yasu at 09:25 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ZIP

いまごろ、こんなドライブが必要となりました。前持ってたのに、パソコンにポートが無くなってしまい、もう使うことも無いやろな、と、ドライブは処分していたのですが、どうも必要なデータがこのディスク入っているようす。なんでやねん。なので、ドライブをオークションで落札しました。知っている人どんくらいいるんだろ?

が、このZIPドライブもパラレル接続。そんなポートはどのパソコンにもなく、USBに変換するケーブルを買ったのだが、これが悪いのかドライブの不良なのか認識しないし。しょうがないので、パラレルポートのPCIカードを入れることに。これがまだ届いて無いのでなんともわからんのですが、うまく認識してくれますように。

そういえば、こないだはMOディスクに入ったデータが必要だったし、昔は大容量のメディアってのがかなり高価だったし、いろんなハードが乱立していた時代(と言っていいのかな?)なので、あちこちデータが分散してしまっています。ちなみにMOはUSB接続のやつなのでそのまんまでOKでした。
10-6



— posted by yasu at 11:32 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

水分計

牛の餌の牧草をやるのに、その水分ってのがけっこう重要で、通常は乾燥重量に換算して計算します。たしか乾燥牧草が10%台、刈りたての牧草は80%以上あるので、それなら8倍の重量の草をやらねばならん、ってことですね。計算上は、ですが。

うちは青草やちょっと乾燥させたもの、そしてイナワラや非常時には乾燥牧草といろんなものをやるのですが、特に自家製の牧草については乾燥度合いも大きく違うので水分計を手に入れました。
正確な牧草水分計は10万円以上するので、ここは簡易なものです。わずか1000円ほどで手に入りました。やすっ。なので、精度は期待せず、だいたい雰囲気でもわかればええかな、と、いうことで。ちなみに、本来は木材用の水分計です。

それで測ってみたらやはり乾燥牧草は10%台、ロールはピンキリでした。う~ん、参考になるようなならんような。

しかしこれ、面白いことにお肌の水分もなんとなくですが測れるようで、乾燥肌とうるおい肌が明確に数字で出る!女子たちは面白がってあちこち測定しておりました。
10-5



— posted by yasu at 10:55 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

電アシ。

買ったわけではありません。修理の依頼というか充電できんからみてほしいとのこと。新品らしいが長らく放置されていたものらしく、バッテリーの老化だったらどうしようもないけどな、と思ったけれど、長らくの放置による端子の接触不良だったようで、ちょっと時間がかかったけれど満充電となりました。あ~、よかった。

ついでに外れたカゴとかギヤのガードとかを取り付け、軽くメンテナンスして完成です。さっそく試乗。前もいちどアシスト付きのチャリに乗ったことはあるけれど、そのとき以上にパワフルに感じたのは時代の流れによるバッテリーやモーターの進化か自分の筋力の退化のせいかわからんが、とにかく楽チン。調べてみれば大手のブランドメーカーでなく、あまり聞いたことの無い正直安物のようだけれど、このパワフルさは引けを取らないと思ったぞ。

そして、よくあるママチャリタイプの電動アシストは内装3段ギヤが普通だけれど、これはシマノの外装6段。ちゃんと回生ブレーキ付き(?)で、アクセルオフ(ペダルを放すってことね)で充電されるので、充電インジケーターもすぐに満充電になるのであった。

それにしても面白い。軽いだけでなく、ペダルの踏み方でモーターのトルクが変動するので、微妙なアクセルオンとオフの間でモーターだけの走行が可能なのだ。少々の坂道でもペダルはこぐけれど車輪に動力を伝えない状態でぐいぐい登っていくのはバイクのようでもありました。

しかし、これも数日後には返さねばならんもの。逆にいうと早く持って帰ってもらわんと面白すぎて中古車になってしまうぞ、と。
10-4-1


10-4-2



— posted by yasu at 08:10 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

楽しみ!

こんなもんいただきました。
10-3


40年ほど前のものですが、箱に入ってかなりきれいなもの。説明書も付いている。
程度のよさに、正直こんな古いものだとは思わなかった。(調べて製造年わかった)
ビクター製。当時はあたりまえだったメイドインジャパン。

さて、さっそく音出しを、と思ったら、あらら、カートリッジが付いていない…。
というわけで、今日は回転のチェックだけとなりました。

カートリッジとヘッドシェル、探さねば。
いま使っているプレーヤーはSHUREなので、できたらこれは当時あこがれたオルトフォンにしたい。今なら買えないことはない。

— posted by yasu at 10:41 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0155 sec.
2017.10
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 232425262728
293031