いよいよ

本の発売日となりました。
といって、こちら何も変わったことはありませんが…。

所要ででかけたついでに本屋さんを数件チェック、しかししかし、どこにも無い…。
そしてamazonもチェック、え、なに?入荷未定で1~2か月待ちだって?

いや、どこにもないほどそんな売れているはずがない。
たぶん出版先から本屋さんまで届いてないんちゃうか?と。

ここやFBで「5日には本屋さんの店頭に並ぶでしょう」なんて書いたけれど、どうも間に合ってないようです。すみません…。

(ちなみにamazon、夜には在庫ありになっていました)

— posted by yasu at 10:50 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

懐かしい方々。

といってもわたくしにとって、ではありません。父に、です。

今日はたくさんの方が見学に来られました。学校の現役の先生方と退職された方々、そして但馬の議員さんたち総勢30名がいらっしゃいました。大人の方ばかりなのでお店に入りきることができず、クソ寒い中、外での対応となってしまい申し訳ない…。

その多くは退職された元先生方だったのですが、親父を知っている方だけでなく同年代の方が多くて昔話に花が咲く…。いえいえ、こっちはほぼ話を聞くだけでしたが、うちに来られるのも久しぶりだという方、うちの顔を見て「そっくりになってきたね」、とおっしゃる方、いろんな話をして涙ぐむ方もいらっしゃったりと、親父の偉大さ(というもんでもないか…)を垣間見た感じでした。

— posted by yasu at 10:19 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

残念!

今日は高専ロボコンの全国大会でした。さすがに東京まで応援にいくことはできませんでしたが、今年は試合途中からですがNHK地上波でなんとびっくり生放送、そしてその前後の時間はネットでライブストリーミングをやっていたので、開始から終了まで見ることができました。

クジ運よく、生放送での最初の試合が奈良の1試合目となりまして、きれいな画像で見ることができました。やはりネットでの画像とは雲泥の差やわな。しかし、今回は試合時間が3分間とはいえ、早ければ10数秒で勝負を決めてしまうこともあり、時間配分がとても生放送向きではなかったのもあってか、進行がかなり難しかったようで、途中音声は途切れるわ、司会者やレポーターがしどろもどろになるシーンもあったし、なにより肝心のロボットの構造や解説、そして選手のインタビューなどがかなり手薄だったのが残念でした。

さて、そんな中、奈良の初回の試合は、14秒で決着という本戦最速の脅威を見せたのだが、次の試合では残念ながらあとちょっとというところでまさかの逆転負けとなってしまい、優勝も3年連続を期待したロボコン大賞も取れずに終わってしまいました。

しかし、確実に地区大会よりグレードアップしていたし、なにより今日の3日前まで1週間の期末試験、ということは、その1週間前から部活動も禁止、そのうえ、食中毒騒ぎでその数日前も活動できなかったことを思うと、この最速勝利を上げただけでもわたくし的には十分大賞を差し上げたい気分でした。

— posted by yasu at 12:33 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

完璧症ではないけれど…。

知らなきゃ別に気にならない(あたりまえ)、だけど、知ってしまうと気になって完璧に対策を取らないと気持ち悪いと思う性格はあまりよろしくないようで…。

さて、我がムルですが、ちょっと早いタイヤ交換をしました。ノーマルからスタッドレスに交換するだけなんですが、タイヤを外してみたら、足回りが悲惨な状態になっているのを発見、こりゃ困ったな、というのが本日のネタでございます。

まずは、錆だらけ、というもの。フロントは大丈夫だったのですが、リアがやばいかも。ムルのリアは左右が太いパイプでつながれた方式なのですが、そのパイプの両端、タイヤの位置を決める重要なところがサビサビでした。とりあえずの対策として叩いて錆を落として錆止めを塗っておきました。まあこの部品はかなり肉厚なものなので、そう簡単に朽ちてしまうことはなさそうですが、あまり気持ちのいいものではありません。そして、そのパイプの穴をふさぐための樹脂性のパーツ、ただのパッキンのようなものもボロボロでした。こちらは部品取りムルから外してみたのですが、どうもこっちも同じような具合でした。

それと、前もあったのですが、リアタイヤの内側がフェンダーにすれています。正確にはフェンダー内にある内張りのようなこれも樹脂製のパーツにすれて、タイヤも光ってますし、そのパーツもすれて薄くなっていました。これはちょっと危険です。しかし、なぜこんなことになるのでしょうか?前に、あきらかにネガキャン状態になってしまって、そのリアフレームごと交換したことがあるのですが、また変形してきたのでしょうか?いや、今回は見た目にわかるほどキャンバーの変化はないけどな。

ひとつ思うのは、そのフェンダー内の樹脂カバーがバンパーに固定されているので、バンパーをコツンとすることで変形してきたとか?一箇所はボディにネジ止めなんだけれど、ぺらぺら鉄板の場所だったのでこちらも変形しやすいところでしたし。スペーサーをかますのが手っ取り早い感じですが、それが無難かな。余裕見て8~10ミリ広げて、ボルトもロングに交換、で落ち着けばありがたいのですが。

そしてもうひとつ。
エンジンルームのハーネス類がこれもボロボロです。幸いに配線自体は大丈夫で、それを覆っているコルゲートチューブが風化しています。一度全婦外してコネクタの継ぎ目にはしっかりテープを巻いておきたいところですが、下手に外すとコネクタも壊してしまいそうなところ満載なのでここはチューブをはめるだけにしておきました。
なかなかこういう細かいところは正常に動作する分には見て見ぬふりでスルーしそうですが、電気工作したものがちょっとヒートするだけで大丈夫か?と思ってしまう自分としてはこのエンジンルームの高熱にさらされるハーネスたちが気の毒でなりません。触った感じではその腺自体は耐熱仕様のもののようですが、センサー多用のいまどきのエンジンは1本でも切れれば走行不能になってしまいそうで怖いです。雨でのトラブルもこのへんが原因かもしれませんね。そうなればお手上げですけど…。


11-1-1
錆止めを塗ったリアフレーム

11-1-2
むき出しになったハーネス

11-1-3
キャップ。触ったらボロボロです。


— posted by yasu at 05:04 am   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

こんな時間?

ちょっと遅い時間ではありましたが、午前中に仕事を終わらせ、午後からは和田山あたりで用事を数件。終わって帰ってみたらずいぶん遅い時間になってしまっていた。各所ではそんなにゆっくりしたつもりもないのに、時間が早いのか、自分の段取りが悪いのか?

ちなみに、不適合だったムルのワイパーは返品できてよかった。けっきょく代わりのものはネットで注文となりました。いちおう輸入車用というやつで長さはバッチシ、ただ、適合表にアルファロメオはあるのに、フィアットがないのが微妙に引っかかるのだが、まあ大丈夫でしょう。

そして、クルマとは関係ないですが、マッサージグッズを手に入れました。肩こり腰痛持ちなので。しかし、今までもけっこうこういうのんついつい手を出してしまう…。そして長続きしない。そんな高価なもんじゃないので、まあええか、と思うのが逆にいかんのかな、とも思うが、根本的には、それで「すっご~く良くなった!」というほどのもんではないものばかりなんだよな。しかし吊られて買ってしまう…。ちなみに、ちょい触りとか店頭ではすごくよさげに感じるものなのです。

そういえば、これもまったく別の話だけれど、体つながりということで、ヨガ、硬直防止のため(?)簡単なのをたまに教えてもらうのですが、片足上げて組んだ両手を真上に上げるの「木のポーズ」ってやつ、これはなぜか微動だにせず、でできちゃいます!そのうえ、目をつぶっても動きません。普通なら片足上げて両目を閉じれば数秒でグラグラしてきますよ。ポイントは目を閉じても遠くを見るのです。見えないものを見る。これで目を開けたのと同じ状態でいられます。ぜひお試しを。

— posted by yasu at 04:49 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0267 sec.
2017.12
SMTWTFS
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17181920212223
24252627282930
31