クルマ、あれこれ。

うちの愛車、2000年式のムルティプラ、ちょっと前から思い立ったようにあれこれとメンテナンスをして、少しでも寿命を延ばそうと必死になっているところですが、今回もまたちょっと手を加えました。

まずひとつはドラレコです。実はもうずいぶん昔(5年以上にはなると思う)に取り付けてはいるのですが、それはコンパクトで視界をさえぎらないのはいいとして、モニターもないし音声の記録もなし、そして衝撃時のみ20秒ほどさかのぼって記録、というやつで、まあ事故にあえばそれでも十分だとは思うけれど、逆な用途として楽しいドライブの記録にすることはできません。そこで今度はモニター付き、音声記録OK、リアカメラ付き、ハイビジョンで常時録画というやつを取り付けることにしました。

けれど、さすがにでかいな。ま、視界をさえぎるほどでもないので許容範囲かな。まだ、ちゃんとした設置はしてないけれど、技術の進歩はすごいもので画質もかなりきれい(SONYのセンサーらしい)。それで7千円。やっす。問題は耐久性でしょうか。とりあえずは数日様子見ですね。

それと、これもほしかったもの。TPMSってやつ。タイヤの空気圧センサーです。国産(?)の有名どころのメーカーのものではなく中国製のものですが、それにしてもこういうデバイス類の激安化にはびっくりですね。今回買ったやつはホイール内蔵タイプではなく、バルブキャップの代わりに取り付けるだけのやつです。モニターはソーラー充電式なので配線不要で置くだけ。バランスが崩れないかだけが心配でしたがとりあえず高速走行でも気になりませんでした。

で、ゲージ付きのエアーチャックガンで空気をいれ、そのゲージで計った状態でOKとしていたのですが、これを取り付けてモニターを見たらかなり高い数値を示しておりました。まあ、誤差の範囲内かな?なんて思っていましたが、実はそうではなかった!

なんと、チャックガンのゲージはウソもいいところ、実際よりかなり低めを示すめちゃくちゃな数値だったのです。それを信じていたワタシはバカだった。かなり正確な専用のゲージも持っていたのに、どうせいっしょやろ、と、それで確認してなかったのがいかんかったな。計りなおしたら、アナログなメーターを凝視して合わせた圧とまったくいっしょな数値をTPMSは表示しておりました。疑ってすまん!

そういえば、スタッドレスやのに、かなり硬いな、とか、前はこのくらいの雪ならもうちょっと踏ん張ったのにえらい滑るな、とか思っていたのは空気圧が異常に高かったせいだったのです。正常値にもどせばなんと乗りやすいこと。それに気がつかないなんて…。けど、わざと高めにしてたわけじゃなく、ゲージを疑うことなくそれではしっかり合わせたつもりだったので…。値段からしておもちゃ程度かな、と思っていたのですが、思わぬものに助けてもらいましたわ。しかし、人間の感覚なんてええかげんやんな、って、自分だけか…。
1-15-1
ぱっと見、デジカメか?

1-15-2
とりあえず動作確認。なにやらにぎやかなフロントガラス。中央のが今までのドラレコ。

1-15-3
こちらがTPMS。4輪の圧と温度をリアルタイムで表示してくれます。


— posted by yasu at 09:41 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ワイドレンズ

我が家の周りをぐるりと囲う監視カメラが8台あります。あと、追加で3台増設する予定。ものはあるが、LANケーブルを引っ張るのがめんどくさくて中断しています。
相当古いネットワークカメラで、今は製造中止になっているものなんですが、使い勝手がよいのでしばらくこれでいくつもり。防水仕様ではないけれど、ひさしの下にぶら下げておけば大丈夫なのでした。古いやつは5年以上経っているけれど、いまだに1台も壊れていないのです。

しかし、これ、唯一の難点がレンズが狭いんです。もっと広角ならいいんだけれどな、と思ってたのですが、ひょっとして?と思ってスマホ用のクリップで挟むレンズを当ててみたらうまく広角になったので、これを使おう。でもどうやって付けるか?そこで、クリップからレンズを外し、本体にホットメルトで接着してやった。見た目はかなり汚いが、実用には足りるので。というわけで、ちょうど思ったくらいのワイドさになって、かなり見やすくなりました。ちなみに、そのレンズはマクロ、魚眼と3枚セットのもの。そのうちの1枚を使うだけなのでちょっともったいないな…。けれど、500円でおつりがくるものなのであきらめもつくか、と。
1-14



— posted by yasu at 10:45 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

いまさらですが…。

ブログの更新が遅れております。なので、今ごろ紹介したところでタイミング的にはアウトなんですが、ま、他にネタ無いし別に今週だけのことじゃないので上げとくか…。って、長い言い訳。

カフェの新メニューのご紹介でございます。
冬になったので、ドラ焼きの復活と、なんでこんな時期?みたいなやつ、プリンです。
ドラ焼きは昨年も好評だったアイガモ農法の米粉と自家栽培の小豆を使ったもの、そしてプリンは、ほうじ茶プリンでして、ふんわりとやわらかい味がいい感じ。寒い時期に暖かい部屋で冷たいプリンを頂くという贅沢。子どものころは冬になんてアイスクリームもプリンも売ってなくて(ん?プリンは売ってあったかな?)、都会には冬にも冷たいものを売っている、という事実が衝撃的でした。そんな子ども時代だったからか、季節感のずれたものを食べるのがなんか贅沢に思えてしまうのです。ちなみに野菜類は季節のものを頂くのがいうまでもなく一番です。季節逆転が許させるのはスィーツの話だけです。
1-13



— posted by yasu at 10:34 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ガチガチです!

うお~、さぶっ。どこもガチガチです。牛舎前の広場はスケートリンク状態です。チョロチョロ出していた水が一面に広がり、それが凍っております。けれど、空気が澄んでいる気がして気持ちは良い朝でした。

朝仕事に水道の点検です。使わずにクローズしているところはまあええとして、きょうから開店するお店の水周りに流れない。なんとかふつうの蛇口はでるのですが、ボイラーの湯が出ない。昨夜抜いたので本体のバルブを全閉して入り口を開いたら流れるはずなのに(理屈では凍る場所が無いってやつ)、それでも出ない。なので、本体横にジェットヒーターを持ってきて炙る。しばらくしたらチョロチョロと水が出てきて動き出した。これでOKか。

それにしても、この温水ボイラーの扱い、どっちがええんかようわからんときがあるな。ボイラー本体には凍結防止ヒーターが内蔵されているので、通電しておけば本体内は凍結する恐れはないでしょう。しかし、その前後の配管が問題、一部むき出しになっているところは当たり前だがすぐ凍る。本体は大丈夫でもそこらまでふくめた分を考慮すると、もう根元から止めて、ボイラーの電源も抜いておいたほうがよいのではないかと。ボイラー内に水が無い状態でヒーターが通電という状況は機械にとってはあまりよろしく無い環境だと思うんだけどな。空焚きになっちまう?まあ保温レベルやから大事にはならんとも思うが、触ったら暖かいどころかめちゃ熱くてやけどしたことがあったので、やはり水が入っている状態での想定やんな、と思うのでした。


1-12



— posted by yasu at 11:20 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

寒い。

日中でも氷が解けないです。かなり寒い。いや、さぶい、と言ったほうが伝わるかも?
しかし、夜にはもっと冷えそうなので、凍結対策で牛舎の水をチョロチョロと、母屋のキッチンの水道もチョロチョロと。母屋のほうはずいぶん前に水漏れで原因がつかめず、しかたなく配管工事を屋外にして、水道管むき出しなのでこうでもしとかないとまたはじってしまう。

牛舎のほうもしかり。特にこっちは流れが止まると井戸ポンプの流れが止まり、吸水側までも凍ってしまうと後々やっかいなのです。ポンプ自体は凍結防止ヒーターが入っていますけどね。

— posted by yasu at 04:13 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0248 sec.
2018.1
SMTWTFS
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21222324252627
28293031