磨く。

さて、ムルのパネル、本格的に磨きます!

まずはプロテイン加工されたネバネバの部分を落とします。ネットでは皆さんいろんなものを使って落としておられる情報が多数あるのですが、手元にあるものでなんとかならんかといろいろやってみました。
結果、ブレーキパーツクリーナーがよく落ちました。揮発性が高いのでシュッとスプレーして瞬時にふき取らねばならんのですが、これが楽でした。そして、そののち塗装用のコンパウンドです。仕上げ用と研磨用とあって、研磨用のでいい感じで磨けましたが、ここでまた失態というかなんちゅうか、ネバネバの黒い分を落としたらきれいなグレーになるのですが、そのネバネバの黒が落ちんなぁ、と、必死に磨いてたら、だんだん黒が広がっていく…。なんと、本来黒の樹脂にグレーの塗装、そしてその上にプロテイン塗装だったのです。というか、それは知ってたんだけれど、まさかこんな中途半端にグレーが落ちるとは思わんかった、というのが正直なところ。しかし、こうなったらしょうがない、全面黒にしますよ。

夕方までかかってとにかく磨き上げる。なんか職人のようだ。出来上がったらこの勢いでスイッチ類、オーディオカバー、カップホルダーとやってしまおう。そして組み付け。めんどくさいのでもう塗装は無し。このあとプラサフかけてお好みの色に塗装、というのがよくある流れのようですが、この下地の色がわりといい感じだったのもあってそのままで組みました。塗装したほうが紫外線とかに対して持ちが良いのかもしれませんが、どうなんでしょう?けれど、塗装しないことでなんとか今日1日だけで終わりそうです。

さて、組みあがって試運転、いや、動作確認か…。スイッチを多数外したので表示灯などもあわせて確認、しかし、なぜか関係ないところのライトが点かない。外したパネルの裏というか奥にある、空調操作盤の照明になる球が点きません。どういうことでしょう?外してみたらなんとも小さな電球でフィラメントが切れているのかどうかもわからん。とりあえず部品取りからこれも外し移植して点きましたが、これも切れる寸前なのかかなり暗い。

こんな電球、特殊なんやろな、と思ったら、そうでもなくてホームセンターにも置いてあるものだそうで、ちょっとほっとしまして、また買いに行って交換しておこう。これもLEDか?とも思ったが、パネルの裏にレンズ(?)が仕込んであって光が拡散されるようになっているので、スポット的なLEDは向いてないでしょう。またこの場所もあまり明るすぎたら運転に支障もでそうですし。

とりえず原型復活できました。すごくきれいになりました。
1-8-1
さすがにこの状態で終わらすわけにはいかん…。

1-8-2
磨いてきれいになりました。

1-8-3
完成!

1-8-4
切れたのはこんな電球。


— posted by yasu at 12:08 am   commentComment [4]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0311 sec.
2018.1
SMTWTFS
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21222324252627
28293031