次は内装

クルマネタが続きます。なんかいろいろ触ってたら面白くなってきた。古いクルマに愛着を持つのはいいことだ~。

さて、というわけで、外回りは一通り終わりということにして(気になるところがないわけではないが)、中に目を向けます。まず一番気になるのが、このムルティプラ特有、ではなく、クーペフィアットもそうだったのでイタ車によくあるのかな?まあそのへんようわからんが、とにかく俗称ネバネバ病とかベタベタ病とか呼ばれる、プロテイン樹脂塗料の経年変化による老化です。
その名のとおりベタベタネバネバと汚くなってくるのです。なので、これもよくあるたとえですが、ハエ取り紙のよう。けれど、案外と触らなければハエのかわりにホコリがくっついていくので、うちも今までせっせと拭き掃除なんてしたことなかったのが幸いしてか人的被害はなかったのですが、とにかく見た目がひどいのでそれを綺麗にしてみよう、ということになりました。正直、ここまで年が経ったのに、新車時から何もやってない、というのも珍しいかもしれません。部品取り車もすでにこれは剥がしてありましたし。

まずはパネルを外します。外すネジは1本のみ。後は引っ張るだけ。ほんとは、フロントを覆う全てをやってしまいたいけれど、大きいところはそうでもないので、とりあえず一番よく触るパネルとオーディオ部分のパネル、そして、カップホルダーの3点です。

とりあえず外して磨きかけたところでちょっと後悔、これ、何日かかるでしょうか…。一筋縄ではいきそうにないぞ、と、いうところで本日終了、さて、明日以降どうやって作業するか思案します…。

1-6



— posted by yasu at 11:26 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0282 sec.
2018.1
SMTWTFS
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31