完璧症ではないけれど…。

知らなきゃ別に気にならない(あたりまえ)、だけど、知ってしまうと気になって完璧に対策を取らないと気持ち悪いと思う性格はあまりよろしくないようで…。

さて、我がムルですが、ちょっと早いタイヤ交換をしました。ノーマルからスタッドレスに交換するだけなんですが、タイヤを外してみたら、足回りが悲惨な状態になっているのを発見、こりゃ困ったな、というのが本日のネタでございます。

まずは、錆だらけ、というもの。フロントは大丈夫だったのですが、リアがやばいかも。ムルのリアは左右が太いパイプでつながれた方式なのですが、そのパイプの両端、タイヤの位置を決める重要なところがサビサビでした。とりあえずの対策として叩いて錆を落として錆止めを塗っておきました。まあこの部品はかなり肉厚なものなので、そう簡単に朽ちてしまうことはなさそうですが、あまり気持ちのいいものではありません。そして、そのパイプの穴をふさぐための樹脂性のパーツ、ただのパッキンのようなものもボロボロでした。こちらは部品取りムルから外してみたのですが、どうもこっちも同じような具合でした。

それと、前もあったのですが、リアタイヤの内側がフェンダーにすれています。正確にはフェンダー内にある内張りのようなこれも樹脂製のパーツにすれて、タイヤも光ってますし、そのパーツもすれて薄くなっていました。これはちょっと危険です。しかし、なぜこんなことになるのでしょうか?前に、あきらかにネガキャン状態になってしまって、そのリアフレームごと交換したことがあるのですが、また変形してきたのでしょうか?いや、今回は見た目にわかるほどキャンバーの変化はないけどな。

ひとつ思うのは、そのフェンダー内の樹脂カバーがバンパーに固定されているので、バンパーをコツンとすることで変形してきたとか?一箇所はボディにネジ止めなんだけれど、ぺらぺら鉄板の場所だったのでこちらも変形しやすいところでしたし。スペーサーをかますのが手っ取り早い感じですが、それが無難かな。余裕見て8~10ミリ広げて、ボルトもロングに交換、で落ち着けばありがたいのですが。

そしてもうひとつ。
エンジンルームのハーネス類がこれもボロボロです。幸いに配線自体は大丈夫で、それを覆っているコルゲートチューブが風化しています。一度全婦外してコネクタの継ぎ目にはしっかりテープを巻いておきたいところですが、下手に外すとコネクタも壊してしまいそうなところ満載なのでここはチューブをはめるだけにしておきました。
なかなかこういう細かいところは正常に動作する分には見て見ぬふりでスルーしそうですが、電気工作したものがちょっとヒートするだけで大丈夫か?と思ってしまう自分としてはこのエンジンルームの高熱にさらされるハーネスたちが気の毒でなりません。触った感じではその腺自体は耐熱仕様のもののようですが、センサー多用のいまどきのエンジンは1本でも切れれば走行不能になってしまいそうで怖いです。雨でのトラブルもこのへんが原因かもしれませんね。そうなればお手上げですけど…。


11-1-1
錆止めを塗ったリアフレーム

11-1-2
むき出しになったハーネス

11-1-3
キャップ。触ったらボロボロです。


— posted by yasu at 05:04 am   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0328 sec.
2017.12
SMTWTFS
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17181920212223
24252627282930
31