講演会でした。

「ゆたかな教育の創造をめざす但馬地域会議」というのがあり、それの講演で「地域と学校教育の連携~食の安全からこどもの成長を考える~」というタイトルでお話させていただきました。なんと持ち時間は1時間半も。そしてお客さんというか聞くほうは250席用意したのが満席になるという、いずれも今までお話させてもらった中でも大きなものとなりました。

実は今日のこれ、但馬地域の小中学校の保護者にも案内が行っていたようです。さいしょ、うちの話なんか誰が聞いてくれるのかな?なんて思っていたのですが、わははの話が聞きたい!と参加していただいた方が多くいらっしゃったようで、これはうちがどうのこうのより、安全な食への関心、食と命のつながりに関心のある方が増えてきたことであり、うれしいことです。

最初はわたくしひとりでしゃべるつもりだったのですが、主催者の要望で(?)よめはんもいっしょに上がり助っ人として合間をつないでもらいました。最近アタマが回らなくなってきたので(いや、これは最初からか?)、ちょっとブレイクができるだけで助かります…。

今日の会場でお世話になった方、ご無沙汰な方にも出会えてうれしいやらびっくりするやら。いやぁ、ほんとにいろんな人とつながってご縁があって助けていただいているんだな、と、これもうれしく思いました。

しかししかし、やはりですが、毎回こういうお話をしたあと、「あ!あれを言い忘れた、これも言いたかった!」となっちまうんですよね。そういうこともあって、今日は珍しく原稿を用意していったのですが、これが逆にあかんかった。やはり、その場で自分の言葉でしゃべりたい。けっきょくほとんどそれを見ずに話し出したもんだから、いつもと同じようなパターンでちゃんと締めもできずに終わったって感じでした。

う~ん、やっぱ人に思っていることを伝えるのは難しい。
7-22



— posted by yasu at 12:29 am   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0249 sec.
2017.7
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31