誤算の嵐…(?)

先日届いた室外機がとりあえず所定の場所に置くことができました。アンカーボルトでしっかり地面に固定となりました。ま、このクラスはそうせざるを得んわな。

で、室内機も壁に取り付けることはできました。こちらは今まで付いていた換気扇を取っ払って、そこに配管を通すようにすることで穴あけをしなくてもいいことになりましたが、位置が微妙でもう一度付け直しすることになりました。明日はお店の営業日なので、あまりに工事中っぽいのはいかんな、ということで、本日ここまで。

で、ここにきて、なんかちょっと不安要素が…。というのも、配管が太すぎるのです。いや、太いのは承知のうえなんですが硬いのです。曲げることができるのであろうか?ちなみに、室内機と室外機をつなぐ配管は2本あって、細いほうは冷媒の液を、もう片方の太いほうはガスが通ることになっています。家庭用のよくある配管は2分3分(にぶさんぶ)といって、配管の直径は6.35mmと9.52mmです。これなら手で簡単に曲げられますし扱いも楽です。

しかし、今回のは3分5分(さんぶごぶ)で、細いほうで家庭用の太いほう。そして、太いほうは15.88mmです。そう、指くらい太い。いや、だから太いことはわかってたんですって。銅管なのでそんなに硬くないと思っていたけれど、今度のエアコン、冷媒がRー32ってやつで、なんか今までと違うし。どうも圧も高いみたいで配管の肉厚も分厚いのかどうかしらんが、とにかく硬い。ちょっと難儀しそうですね。やはりこのクラスのものを自力で付けようと思ったのが間違いか?(ちなみに4馬力)

いや、いちおう取り付けに必要な道具は持っているし、頼めば工賃だけで10万円超とのことなので、ここは節約と思ってがんばろう。で、こんかいは地上5mのところから、長さ11m引っ張ります。ふらっと来て落ちんようにしなければ。そういえば、高所作業用のベルトがあったはず。探しておこう。


7-20



— posted by yasu at 10:21 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0234 sec.
2017.7
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31