お帰り。

やっと戻ってきました、ムル。オルタネーターの不調で高速で止まってレッカーで運ばれてから1月以上経ってしまいましたがこれにはわけがありまして、年度末のクソ忙しい時期に無理にお願いしたのと、なによりムル自体の老朽化が激しく、ボルトが簡単に緩まなかったとのことで、かなりの大手術になってしまったようです。そのうえ、以前は下に水溜りができるほどじゃないけれどタンクの水が減っていた冷却水漏れがひどくなっていて、それも交換ということになりました。

なかなかパーツの入手が難しくなってきている個体ですが、幸いに部品取り2号機があるので、今回もすべてそれでまかなえました。いや、ちょっと違うか、2号機からは補機類まとめてエンジン一式を移植したので、今回使うパーツは本来この固体に載っていたものなんです。オルタネーターは移植前にオーバーホールして間無しの状態だったのを乾燥剤入り密封保存していたので、そのまま再移植、ラジエターは見た目あまりきれいではないけれど、漏れはなさそうなのでこれもそのまま再移植となりました。そういう意味では、これも“お帰り”というところ。だんだん元に戻ってきた??

さて、ついでにタイヤ交換と軽トラのオイル交換もしておきました。タイヤは計16本、軽トラのオイルはオーバーヒートでヘッドのオーバーホールしてから減るようになってしまったので、いちいち距離をメモしなくても、コーナリング時にオイルランプがチラッと点くようになったら交換です。わ~、なんとも危ねぇ、ってか。いやいや、サンバーはオイルランプが点いてもしばらくは大丈夫なので…。ただ、フラットな路面を走ってて点くまでほっといたらどうなるかは知らん。あくまでコーナリングでのチラッまでなら大丈夫、ということで…。ま、健全なエンジンならそんな心配無用でしょうが。


4-15-1
交換したオルタとラジエター。

4-15-2
水漏れ。

4-15-3
タイヤ交換。


— posted by yasu at 09:08 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0097 sec.
2017.4
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30