[ カテゴリー » 音楽 ]

フレンドリーコンサート

どこの学校も卒業式を終えて3年生不在なところ、市内中学校の吹奏楽部では経験の少ない1、2年生だけのコンサートが毎年この時期に行われます。市内の中学校は旧町に1校ずつの4校で、それぞれ2曲、合同演奏で2曲だけなので、1時間半ほどのコンサートですが、逆にこのくらいが飽きずによいかもしれないな、と。コンクールになると朝から晩までずっとなので聞くのも正直つらい。といっても、コンクールとコンサートとは別物ですけどね。

というわけで、今日はナノの出番です。けっこういい音してたな、と、またまた親ばかですね~。でも、人数が少ない中、ちゃんと曲になっていたのでちょっとほっとしたりして…。来年度新1年生でどんだけ入部するのでしょうか?体育会系希望の子が多いようなので、先輩がどんだけ勧誘にがんばれるかにもよるかも?

— posted by yasu at 09:17 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

見つけた

とあるミュージシャンのファンを見つけました。隠すことも無い角松さんなのですが、この方、その筋には評判もよくコアなファンがいるのですが、あまり表に出てこない人なので知らん人が知るきっかけがないのでしょうか。うちはかなり前からのファンで、といってもライブに行ったこともなく、ただCDやBLを買い集めて聞いているだけですが、この人の演奏よりプロデュースものが好きなのでジャンルはけっこう幅広いですね。

特にブラスの入ったものは大好きで、どっちかというとボーカルものよりインストが好みであったりします。そして、彼の率いるバンドマンガこれまた好きな人ばかりなので、そのミュージシャンつながりで聞く曲も多かったりします。

とまあそんな話が通じる人が、まったくいなかったわけじゃないけれど、あまりいなかったので、ちょっとうれしかった今日の1日でした。

— posted by yasu at 08:41 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

楽しみ!

こんなもんいただきました。
10-3


40年ほど前のものですが、箱に入ってかなりきれいなもの。説明書も付いている。
程度のよさに、正直こんな古いものだとは思わなかった。(調べて製造年わかった)
ビクター製。当時はあたりまえだったメイドインジャパン。

さて、さっそく音出しを、と思ったら、あらら、カートリッジが付いていない…。
というわけで、今日は回転のチェックだけとなりました。

カートリッジとヘッドシェル、探さねば。
いま使っているプレーヤーはSHUREなので、できたらこれは当時あこがれたオルトフォンにしたい。今なら買えないことはない。

— posted by yasu at 10:41 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

コンクール

但馬地域の吹奏楽コンクールの予選でした。
ことしのうちの子が出る学校は、3年になったズズ部長が引っ張る総勢16名、うち、なんと8人が1年生…。それも決定したのがわずか1か月前と言う無謀とも思えるメンバーです。初めて楽器を持って2か月足らずですよ。まあ1年生が入ってくれないと最低人員に足りなくなり出場できなくなるからしょうがないところ、猛特訓でもやったんでしょう、それなりに曲になり、迫力もある演奏でした。逆に期待を裏切られたな、って感じでした。

結果は銀賞でしたが、市内4中学校共に同じく銀賞だったようで、金を取れなかった悔しさと、大勢の部員で選抜されたコンクール出場者の学校に勝てはしなかったけれど、負けではなかったというのはすごいではないか。十分賞賛されるべきである演奏だったと思います。

ちなみに、うちの子3年ズズはトランペットのファースト、1年ナノは同じくトランペットのセカンド、家では口で歌いながらハモルのがめちゃきれいでよい練習となっており、それは本番でも十分に発揮できたのではないかと思いました。あらま、親ばか…。

さて、3年生の部活動はそろそろ終わっているところもありますが、吹奏楽部はお盆のステージ演奏、秋に文化祭での演奏とそこまでやってようやく3年生終了です。もうちょっと先があるので楽しんでやりましょう。なんかうらやましいな…。
7-30



— posted by yasu at 01:14 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

Fire Horns

というバンドをみなさんご存知でしょうか?バンド名は知らなくてもたまに放送でも曲が流れるので聞いたことがある人は多いんじゃないかと思います。若手ブラス3人組で、一昔(いやふた昔か?)で言えばスペクトラムとかそういう雰囲気の音楽です。うちはメジャーデビューしてすぐの頃からファンというかCDも買っていてよく聞いていたのですが、なんとその方がおおやホールに来るというので行きました。

しかし、ただ聞くだけではなく、今回は音響スタッフとして出動です。お昼から会場入りしてリハーサルにも立会いました。演者はプロなのに素人の音響スタッフでいいのかどうか…。それもキーボード、ドラム、ベースとエレキな楽器が入るので接続もバランスも難しい。うち以外に優秀なスタッフがいるのでわたしゃちょっと気楽だったのですが、それでも本番は緊張しますがな。

結果、まあちょっとトラブルはあったものの無事に終えることができほっとしました。ステージもかなり盛り上がって楽しかったしCD全部持っているので(といっても2枚ですが)、曲も知ったものばかり。いっしょに歌える(声を出して歌いませんが)のは何も知らないよりも楽しいのでした。

ステージ終了後、ドラムの橋本さんから声をかけられまして、「ありがとうございました!」と。え、いったい何かな、と思ったら、ま、ここだけの話なんですが、演奏中に楽譜が落ちてしまいまして、たまたまステージサイドにいたわたくし、演奏中だったのでどうしようかと思ったのですが(だって客席から見えるし)、困ったふうだったので目と目で合図ですわ、うちも楽器をやってた時期もあったので言いたいことはよくわかる、ここはそっと拾ってそっと譜面台に戻したのでした。

お話をきけば、いったいどうしようかとパニックになりそうだったということでした。しかし、普段なら調整卓にいて動かないのですが、たまたまこの時だけ訳あってステージサイドにいたのです。ほんとタイミングよかった。お役に立ててよかったです。

終わってからはサイン会だったのですが、吹奏楽部でトランペットを吹いているズズは、ハイノートが得意なAtsukiさんが気になってしょうがないみたいで、上手になる方法をいろいろと聞いておりました。それに親切に答えてくれるAtsukiさん、そばで見ているこっちもうれしくなるくらい丁寧に教えてくれてありがとうございました。ズズも自信が持てたようです。握手も何回もしてもらいエネルギーをチャージさせてもらったと喜んでおりました。

またsaxのJuny-aさんにも話しかけて、強引に(?)素顔を見せてもらったり(ステージ上ではサングラスなので)、なかなかグイグイいくやつだったんだな、と娘の意外な面を知ることができたりと、いろんな面で楽しかった2時間ちょいでした。




12-3-0
リハーサル

12-3-2
本番

12-3-3
ステージサイドより


— posted by yasu at 01:19 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0985 sec.
2018.4
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25262728
2930