[ カテゴリー » 機械&もの作り ]

電子工作マガジン

という本がありまして、奈良の学校のことが出るかもしれんと噂をかぎつけていたので発売日の今日さっそくゲットしました。が、いちおう紹介はされているけれど、写っているのか??拡大してもわからんな~。

ま、それはおいといて、久々にこういう本を読みましたが時代の流れですな、うちが小学校のころ読んでいたのは「初歩のラジオ」という雑誌で、定期購読していまでも保存してあるバイブル的な本なんですが、あたりまえですがその頃とは打って変わって、完全デジタル、スマホで動かそう、とかそんなんばかり。それにキットがメインで、自分でパーツを集めて回路図を見て組み立てる、というのが少ない。しかし、ナノがこの本に反応しました。半田付けやってみたいとか言い出した。それはそれでよいことだ~。

ただ、難点は字や絵が小さすぎて見にくい。これも時代の流れやんな。歳をとったもんだ。
6-19-1


6-19-2


6-19-3



— posted by yasu at 09:55 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

とっかん工事。

暑いので対策、こないだ琉球アサガオのことを書きましたが、それの柱の工事です。え、そんなもん工事することか、って、そうなんですよ、恒久的なものにしたいので。
ゴーヤのほうは建物の南面にテグスで柱を作りました。西日の当たる西側は、通路があるので網とか綱ではなにかと不便になりそうなので鉄で作ることにしました。鉄筋買ってきて曲げてネジ止めします。写真をみてもなんのこっちゃわからんので、アサガオがきれいに咲いたらまた画像アップします!
しかし、こんな営業日にわざわざしなくても、って感じですね。けれど、そのほうが「開店時間までにやらねば」と、尻に火が付くのありました。けっきょくできなかったけど。
6-16



— posted by yasu at 10:12 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

屋根張り。

豚小屋作りです。約1か月前に整備を始めて、その後長らくの中断、ようやく屋根をはるところまできました。
上のほうは費用節約のため木での組み立てです。そしてさらにケチるため普通は垂木を止める専用金具があるのですが、ここは番線でしばることに。こうすればかなり安上がりです。見てくれは悪いけれど。

ただ、ここにきて毎度の設計変更となり、材料足りず中断となりました。ま、ちょうど明日牛市で前日の今日出荷するのにトラックがやってきたので、時間的にはちょうどだったんですが。


5-9


5-9-2



— posted by yasu at 08:01 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

移植完了!

耕運機のエンジンを乗せ替えました。機種名が一緒ではなかったのである程度は覚悟はしていましたが、やはりインマニ、マフラー、各部ステーなどは元のを使うことになりました。しかしブロック自体は一緒のようで、新しく穴を開けたりする必要は無く取り付けられました。ほんとにエンジン部分だけ乗せ替えたという感じです。燃料パイプは新品にしておきました。

重量もこのクラスは20kgも無いので軽々です。見た目はほとんど変わらないようにできましたが、ただひとつ、ヘッドライトだけは点かなくなりました。コイルに出力がなかったのでしょうがないです。ここれが微妙に型番が違ったところかも。

ひととおり組みあがって試運転もOK、後は明日来るタイヤを交換すればすべて完了です。GWに入るということを忘れていて、午前中に頼まねば5月8日以降になるところでした…。

さて、古いほうですが、せっかくなのでフライホイールを外してみました。プーラーを自作してねじ込んでガポッと外れましたわ。けれど、どこか明らかに断線しているとかわからず、そのまま閉じました。単体で組み上げたのち、順調にかかるのですが(といっても今までも最初は順調だったのだ…問題は暖気後)、暴れまわるのでかけっぱなしにしておくこともできず、まあイグニッションコイル以外の部品取りで置いておきますか。
4-28-1
鉄板に穴あけてプーラー作った。

4-28-2
給排気の取り回しがずいぶん違います。

4-28-3
エンジン下ろしたところ。

4-28-4
インマニの長さが違う。エアクリも。

4-28-5
マフラー、インテークはそのままでエンジンのみ換わりました。

4-28-6
見た目はかわらん。


— posted by yasu at 09:49 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

けっきょく・・・

昨日の続きです。
同じ養父市からオークションに出品されていた似たような形のエンジンを見に行きました。しかし、残念ながら合わず。肝心なシャフト径が微妙に違った!なので却下。残念…。しかし、このあと、ふと思いついた隣町のリサイクルショップ。ちょくちょく店の前を通るときに、管理機が置いてあるのを見ています。なので、なんかあるかな~って。

そこでまず管理機をたずねました。「どれでも1台6万円、早い者勝ちやで~」とのこと。たしかにボロボロのものからけっこう新しいものまであった。また大小もいろいろ。ジャストサイズの程度の良いものがあれば確かにお徳かも?けれど、6万はちと高いな。

なのでダメモトで聞いてみた。「エンジン単体はないですか?」と。ほな、「あるで、こっちに」と、案内されたのは倉庫の奥深くの場所。そこには数多くのエンジンがありました。わ、なんか楽し!
ノギスを片手に探しました。やはりちょっと大きめのは径が太い。そこで、ちょっと馬力が今より小さいけれど軸径もちょうどのやつを2台発見、なぜか微妙に型番が違うけど、どっちみち元機種とは違うし、今ばやりのダウンサイジングということで、このどっちかやんな、と思ってよ~く比較、片方は微妙にオイルにじみがあるけれどストップスイッチ内臓タイプ、もう1台はオイルパン付近もドライな感じでしたがストップスイッチが付いてなくて配線むき出し。う~ん、悩むなぁ、と、思いながらそれでもオイルもれの無いほうがええか、と、決めて店員さんを呼んだところ、なんと、その足元にもう1台ありました。で、それが機種番号が最初の4つまでが今のと同じでした(先に見つけた2つはまったく違う番号)。

こういう機種はたいがい最初の記号番号が一緒ならより近い関係にありますので、問答無用でそれに決めました。馬力もほぼ同じ、もちろん軸経も同じです。値段も思ったより安くてそれを連れて帰りまして、けっきょくエンジン乗せ替えすることになりました。ま、フライホイール外れんしな、このほうが早そうです。移植手術は明日以降になりそうですが、さっさと終わらせて仕事せねば。

さて、本日はこれだけでなく、もう1つ重要な仕事がありました。「まやげ出し機」こと、商品名ジョブサンというやつです。フロントロ-ダー、いや、スキッドステアローダーというほうが正しいのかな。それのタイヤ交換です。本体からホイールが外れるのか心配でしたが、サビサビながら難なく外れ一安心、きれいに洗って乾かしてからの作業です。こういうショベル系の機械はたいがい自分で自分を持ち上げることができるのでジャッキ不要、ブロックを噛ましてバケットを下げて外しました。

今日はそこそこいい天気だったけれど、昨日の雨でまだ田んぼには入れず、昨日今日とちょうどいいタイミングで機械整備ができたのでよかったです。って、まだ終わってないけれど…。

4-27-2


4-27-3


4-27-1



— posted by yasu at 06:40 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0550 sec.
2017.6
SMTWTFS
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
252627282930