今日も続き。

堆肥散布の続きです。
桜は今日で満開になった感じでしょうか。
カフェの駐車場の片隅にあるおおきな桜の木も満開で、お花見がてらにお越しくださるお客さんも。
大勢入れない店ですみません。
また、お花見夜の部も、今年は思わぬ早く桜が咲いたのでチャンスがなさそうです。
3-31


3-31-2



— posted by yasu at 11:19 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

堆肥散布

最近クルマネタばかりですが、ちゃんと仕事もしております。
今日は堆肥散布です。冬間にたまった分を散布しました。
桜並木を横目に向かう田んぼへの道はとてもきれいです。
3-30



— posted by yasu at 11:14 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

マフラーも。

昨日の続き。まだこのネタで引っ張ります。
作業も無事に終わり、ついでにマフラーを止めているゴムバンド(バンドというのが正しいかは知りません)が相当に朽ち果てていて、いつ切れて落ちるかわからん状態だったので、これも部品取りから取って交換しておきました。そのときのことですが、いちばん後ろのやつを2つ同時に外したら、ガタンと後ろ側が落ちました。けっこう重たいので当たり前ですね。それでも無事に交換でしたのでなんら気にすることはなかったのですが、そのあと乗っていたら急にバンというかゴトンと音がした。そしてまるでバイクのような音。やかまし。はは、どっか外れたな。

見ればエキマニのすぐ後の蛇腹になったところが折れていました。
ではマフラー交換といきましょう。こちらも部品取り車からはずしていたマフラー一式がありました。ぜんぶ丸ごと交換しようかと思ったのですが、途中で外せるようになっていたので、そこだけにします。というのも部品取りのタイコ部分が一部穴が開いていたです。なので、エキマニから触媒までのパイプ1mほどだけの交換です。それに換えるだけといえば簡単ですが、年期の入ったクルマのマフラーほど手ごわいものはない…。今回は部品取りのマフラーを分割するほうがやっかいでした。動くほうのムルのマフラーはなぜか案外すんなりと外れたのです。はやく交換してほしかったのかな?

しかししかし、途中の一部をといっても結局は全部外さねば組み上がらないのでした。そう、順番にパイプが刺さっているので。外すのは折れていたから簡単だったのです。さすがに1人では無理で帰省中のラギ兄さんに手伝ってもらいなんとか交換終了です。コンクリの床というか屋外での作業だったので目の粗いヤスリのような地面に仰向けになって作業するのは首と頭が疲れましたわ。

エンジンかけて音の確認、よっしゃ、元通り。けれど、交換したのもずいぶんくたびれてきているものだったので、今回外したものは捨てずに溶接してきっちりサビ止めをして次なる修理のために保存しておきましょう。あと5万キロ、30万キロまでは走ってほしいので。

などといっておりますところ水を差すようですが、昨日1台新しいのがやってきました。やはりこんだけ修理が続けばいざという時に困るかもしれないし、というのもあって、交換ではなく増車となりました。またまたマニュアルミッション(MT)のクルマです。2011年のデータではオートマ普及率は98.5%。わずか1.5%ほどしかないMTですが、我が家には仕事のクルマも入れて4台ありますが、オートマには縁が無いようで1台もありません。MT率100%です。
3-29-1
ヒビだらけのマフラー固定のゴム。

3-29-2
アルミテープを巻いていたところが折れた。

3-29-3
新しくないけど新旧部品。

3-28
なんか変なツートンカラー。ちなみに黒はつや消しのマット塗装です。


— posted by yasu at 11:08 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

今日も修理です!

ムルです。エンジンの調子はちょいと前のメンテナンスでずいぶんよくなりました。しかし、問題は足回り。いや、ハンドリング自体は異常はありません。ゴトゴト音が日に日にひどくなっていくのです。こないだいつものクルマ屋さんに別件で修理依頼をお願いしたついでに相談したところ、「たぶんスタビのリンクのジョイントでしょう」とのこと、そういえば、ここは7万キロごとくらいで交換してきたある意味消耗品。どうしても素人ではできない修理を頼んだのでそのついでにいっしょに直してもらおうかと思っていたのですが、ふと激安で新品のパーツがネットオークションに出ているのを発見、思わず落札してしまったので、ここだけでも自分でやってみよう、ということになりました。交換自体は片方ネジ2本だけですし。

さて、タイヤ外してリンクの先にあるネジを外します。しかし、ボールジョイントになっているので、硬くさび付いたネジがそのまま外れるわけがありません。見れば、頭に6角の穴が開いているので、そこに6角レンチで固定して回しますと、片方はわりと素直に外れました。しかし、反対側です。なんかネジのサイズが違う。ナットも6角の穴も。なぜかようわからんが、けっきょく手持ちの道具ではどうにもできず、最後の手段、切断ということになりました。ガソリン満載なのでガスは使えずサンダーも使えず、火花の出ないセーバーソーでカットしまして無事に外せました。外してみると、左側のは下のジョイントが、右側のは上のジョイントがガタガタでした。それを動かしただけでもカタカタと音がするほどでした。う~ん、やはり消耗品か…。

さて、試運転、まるで新車のように、といえば大げさですが、見事音が消えました。もしこれでもダメなら、と、スタビライザーも部品取り車から外して用意していたのですが、今回はこれの交換は不要のようです。次回のために保存しておきます。


3-27-1
部品取り車からスタビを外します。ほとんど部品がなくなってきた。

3-27-2
新旧スタビリンク。写真ぼけてます。

3-27-3
切って外したところ。

3-27-4
ガタガタです。


— posted by yasu at 09:58 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

逆走??

所要で大阪まで。今日はなんと電車です。いやその免停とかじゃないですよ、もしそうなら行き先は明石やし!

ま、それはおいといて、何年ぶりの電車でしょう、正確には寺前までは汽車なんですけどね。時刻表をみればなんと寺前まで快速とある。わ、すげえ、だいぶ短縮されたんか?と思ったら、その間の1駅だけ停車しないだけだった。なんやそれ。たしかに各駅停車ではないけどな。さて、そこでの出来事、寺前からは各駅で、姫路にほど近い駅をすぎてからのこと、それをA駅としよう。そして次はB駅とすると、そのA駅を過ぎてまもなく、「次はA駅、A駅でございます・・・」というアナウンス。一瞬車内があれ?という感じでざわめいた。まさか引き返すのか?いや、そんなことはない、お客さんも「間違えただけやんな」と、すぐ静かになりました。しかし、訂正の放送もなくそのまま何もなかったようにB駅到着、その後も引き返すわけなく姫路まで着きました。

そして、姫路からは新快速、これは昔で言う特急なみに速い。途中、夙川の河川敷では桜がほぼ満開で花見客がめちゃ多かった。ん?今日は休日か?いや、そうじゃない火曜日なのに。なんかうらやましい。途中で地下鉄に乗り換え、しばらく後、目的地に到着で、なんか緊張した電車の旅もこれにて終了となりました。

— posted by yasu at 09:43 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0414 sec.
2018.3
SMTWTFS
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31