はるばるムル。

うちの乗っているクルマ、ムルティプラですが、たぶん日本で3~500台が正規輸入されただけの希少なクルマです。うちのはその正規輸入が始まる前に並行輸入で買ったもので、ゆえに左ハンドルなんですが、たぶんそういう仕様は日本で100台も無いはず。今生き残っているのは2桁かもしれません。そんなクルマですが、実はもっと珍しいバージョンがあるのです。なんとディーゼルムルです。そうなると、今日本にいる個体はもう1桁しかいないんじゃないだろうか…。

そんな珍しいクルマがうちにやってきました。といっても、友人なのでわたくし的には珍しくもないのですが…。だいたい年に1回はお会いしている感じだし。
さて、そのムルもうちと同じくらい距離走ってて、26万キロを越えたそうです。うちのは25万キロちょい。けど、うちのエンジンはプラス3万キロなので28万キロは走っている計算ですけど、ガソリンとディーゼルは比較にならんので、そこはどうでもええか。けど、ボディのヤレがぜんぜん違って、そのムルは錆も少なくボディ全体がしっかりしている感じでした。その方は雪は降るけれど雪国ではなく、寒冷地にお住まいの方で、どうも融雪材の影響がずいぶん違うのでは、との見解でした。まあ、正直あんまし下回りを丁寧に洗うこともないからな…。

お昼からクルマ談義、食べ物談義に花を咲かせ、数時間の滞在でしたが楽しいときを過ごすことができました。遠いところありがとうございました。(その方、往復1000km近くになるのであった)
3-23
このホイールがよい感じ


— posted by yasu at 12:37 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [2件]

Up1. カントク — 2018/03/26@01:06:43

お世話になりました。

居心地の良いお店と皆様のステキな笑顔に囲まれ、ついつい長居をしてしまいました。
ちょっと寄り道をして帰ったので、家まであと数百メートルというところで道程1,000kmになりました。
まだ燃料は1/6程度残っており、途中で給油の心配のいらないムルティプラは最高の足です。

ディーゼルムルは、おそらく登録の関係上10台上陸していると思います。
私のを含め、そのうちの3台の消息は把握していますが、残りはどうなってしまったか不明です。
うち1台は19万キロ走行しており、欧州ディーゼル車の耐久力を証明しているようでもあります。

正規輸入車も、そろそろオーナーの二巡目が終わるころで、きちんと整備されて次のオーナーに渡るかお役御免になるかの分かれ道にありそうです。

またよろしくお願いします。

Owner Comment yasu  2018/03/26@19:35:44

こちらこそありがとうございました!
いろいろと濃い話ばかりでおもしろかったです。
近かったらもっといろいろ相談もできるのに、ってな感じですね。
そうですね、ムルも終わりの方が多いように思います。
右ハンドルは、フロントガラスが手に入らないようじゃ怖くて乗れませんし。
そういうときは、やはり本国仕様でよかったな、と思うところですね。
そうそう、土産で頂いたものもみなおいしくあっという間に頂いてしまいました。
ごちそうさまでした。

この記事に対する TrackBack URL:

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0390 sec.
2018.3
SMTWTFS
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31