何やってんだか…。

ムルのハイビームですが、どうしようかとあれこれ思案中。最初はもっと明るかったよな、と。けれど、これはロービームが明るくなったので相対的にそう思えるだけかもしれんし、やはり球の老化かもしれないな、と。そういうことをいろいろ考えていたら、あらまなんと気がついたら片目になっているではないか。どういうこっちゃ。

やっぱし安もんのバルブはあかんかったな、とおもいきや、球を戻しても点かない。あれ、なんで?テスターで見てみたら12Vがコネクタまで来ていないのです。片目は点くのでリレーではなさそうですし、原因を突き止めるのはやっかいそうなので、ここは数十年前のドレスアップの定番であった(?)、ヘッドライトのリレーハーネス交換をすることにしました。

といっても、キットを使うわけではなくある部品でやっちゃいます。クルマ用のリレーと太い電線だけなので。回路は簡単なので割愛しますけど、ムルのヘッドライトは変な場所にあるので、配線を通すのもやっかいで、気がついたら手が血だらけでした…。実はワイパーのアームを外したらその下にある樹脂製のカバー(?)が外れて作業もしやすくなるのですが、どうやっても外れなかったワイパーアーム、あまり無理をしてリンクをぶっ壊してしまったらそれこそやっかいなので…。

それより想定外だったのが、ライトのレンズで、なんとこれが外れてしまいました。貼り合わすだけで済むのですがそれもめんどくさかったのでこれも部品取り車から外したら、なんとそれもパカッと外れて、けっきょく4つともレンズが外れてしまいました。しかし、ものは考えようで、曇りがちだったレンズをしっかりクリンビューで拭きあげて、リフレクターも磨いておきました。これだけでも明るくなるかな?

が、またまたやっかいなこと発見、片方のリフレクター部分が剥げてしまっていました。なので、けっきょく2つとも部品取り車から取ったものを磨いて使うことになりました。

ということで、結果として、ハーネス新調、ライト内外とも磨き上げ、バルブもこの際なのでまたまた新調(今度は国産)、よし!これでずいぶん明るくなるだろうと楽しみにしていたのだが、夜になって試運転、あれ、なにこれ、こんなもんなんか??

そう、結果はぜんぜん明るくない。それともこんなもん?よく考えれば、H4のように1つのバルブで遠近切り替えではなく、ローは常時点きっぱなしでハイは4灯点灯、なので、もともとそんなもんなのか?ということで、いらん手間かけた割には苦労が報われていない感アリアリなので余計にくたびれた。

ちなみに、もう1つのライト交換、ナンバー灯が片方切れていたので、手持ちのLEDに交換しようと思ったのだが、2つあるユニットのうち、右側は案外すんなり外れたものの、左側は封印が邪魔して出てくるスペースがない。どういうこっちゃ。並行輸入と正規輸入ではこのナンバーフレームの形が微妙に違い、平行ものは全長3メートル台なのに対し正規ものは4メートルオーバーになってしまっているのだが、まさかこのナンバー灯が交換できるようにスペースを開けて付けたのでサイズが違ったのか?などと今さらそんなことを思ってしまった。(それが理由かはわかりませんが)

なので、ナンバーを片方外して、あっちを押したりこっちを引いたりしながら無理やりスペースを作り、ドライバーでこじ開けながらなんとか外して球も交換できましたが、これは経年変化でもなんでもなく構造上の問題ですね。まあ少々傷が入ろうとも気にならないくらいのボディなので許せましたが、絶対に傷をつけるな!と言われたら、封印を外してナンバーを一度外して球を交換、その後、陸運局まで再度封印をしてもらいにいくことになりそうです。ちょっと現実的じゃないよな、そうなったら…。




12-25-1
レンズが外れたライトユニット

12-25-2
剥げたユニット内

12-25-3
ハーネス引っ張ります

12-25-4
出てこない!

12-25-5
なんとか交換、無事点いた~


— posted by yasu at 06:56 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [2件]

Up1. カントク — 2017/12/26@21:01:03

色々と苦労されたようですね。

ワイパーアームは私のもすんなり外れません。
なので「ワイパープーラー」というのを入手してやってみたら、いとも簡単に外すことが出来ました。
頻度の少ない作業なので、1000円以下のやつで十分だと思いますが、ひとつ持っていると便利です。

ナンバー灯は外しにくいですよね。
私はガーニッシュごと外してナンバーホルダーを外すことで、封印を外さないでLEDと交換しました。

私のムルのハイビームのレンズは今のところ無事です。
ハイビームはいくらか照射範囲が変わるだけで、明るさには貢献しませんね。
私は車両総重量までの積載はしないという前提で、ロービームの高さをダイヤル1で合わせています。
そして、遠くまで照らしたい時には0に戻して遠投させています。

(片手を目の前にかざし、ロービームの照射範囲を隠すとハイビームが結構仕事をしてくれているのがわかります。要はロービームが明るすぎてハイビームが物足りなく感じるって言うことですね)

Owner Comment yasu  2017/12/27@15:02:33

苦労したというより無駄なことをしたかな、って感じでした。あ、点かなくなったのを直すのは無駄ではないんですけど、そうなってしまった原因は何回もはずしたのがいかんかったのかな、と思ったり。
プーラーは車を放置することができなかったので、手に入れる間がなかったですが、安いのをひとつ持っといたほうがよさそうですね。
ナンバー灯はガーニッシュを外しかけたのですが、ねじが2つほど錆びていて動かず、これも時間切れでやむなく力ずくで外しました…。
ハイビームの物足りなさは、まさしくそのとおりですね。ローでも明るいのでまあよしとするか、ってなところ。ちゃんとレンズカットのあったものに交換したので、あまり迷惑にもなってないと思いたい。そういえば、うちのも1で合わせていますよ。なんか気が合いますね~。

この記事に対する TrackBack URL:

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0382 sec.
2017.12
SMTWTFS
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31