耐久性

セーバーソーで鉄を切っています。最近ここで何回も出てくるセーバーソー、検索すればどんなもんかすぐに出てきますが、鋸の刃が前後に動く道具で、ノコギリの動作を電動でやっちまった、みたいな道具です。これは刃を替えればいろんなものが切れまして、枝などの木材用から鉄用まで種類が豊富にあるので便利な道具のひとつです。逆に種類が豊富すぎてどの刃を選んだらいいのかかなり迷うところでもあります。けっこう高いしね。

高い割に消耗品としての寿命もかなり短く、鉄用などは特にあっという間になくなってしまい交換せねば切れなくなってしまうのですが、高価なゆえどうしても安もんに走ってしまいがち。うちも今までいろんな種類を試しました。安いところだと、monotaroブランドのもの、amazonで売っているもの、そして、ボッシュのやつ。

いちばんよくなかったのがamazonで売ってたやつですね。これは解体現場用とかいって、ちょっと大きく分厚めの刃だったのでざぞ頑丈だろうな、と思ったらダメダメでした。すぐに刃が溶けるようになくなってしまう…。評価は「中国製ではなくメイドインUSAなのにサイトには表示がしてなくてもったいない」などと書いてあったのでそう思ってたら、そうではなく、「中国で作ったものをアメリカでパッキングした」というものでした。書いた人、よく読まなかったんだな…。

monotaroのは自社ブランドのが2種類ありますが、同じ自社ブランドでこんなに差をつけなくてもいいのに、と思うほど、違うものでした。ひとつは刃こぼれも少なくけっこうよかった。が、やはりいちばんはボッシュのやつでした。値段は5割増しくらいしますが、耐久性はケタ違い。さすが。みるとスイス製で専用工場で作られているらしい。スウェーデン製ならもっとよかった?

ということで、少々高いですがボッシュをまとめ買い。結果この方が安くつく感じです。ただ、これは鉄を切る場合の話です。木材カットだと、安い刃でも大丈夫かもしれません。

3-17-1
自称(?)解体現場用の白い刃と、ボッシュ製の青。

3-17-2
拡大図。上の写真のペイントのはげ具合でわかるように下の刃のほうが倍以上使っています。上はすぐにツルツルでした。


— posted by yasu at 09:39 am   commentComment [4]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [4件]

Up1. カントク — 2017/03/18@14:32:08

切削用のオイルの違いで、歯の耐久力は倍以上違ってきます。
レノックスか何かの切削用のオイルを使えば、ホムセンなどの安物オイルより、早く楽に長時間切断できること間違い無しだと思います。
お試しあれ。

Owner Comment yasu  2017/03/20@12:35:56

そうか、オイルですね!
バンドソーが「禁油」となっているので、てっきりこれもそうかと思っていました。
ちょっと粘りのある水溶性のやつが使いやすそうですね。
探してみます。
ありがとうございます。

3. カントク — 2017/03/20@14:58:19

仕組みが違うとオイルも厳禁ですからね。
バンドソーの場合は、プーリーに油が付くと空回りしてしまいますが、レシプロソーではその心配が無いので質の良い切削オイルを使うことが出来ます。

きっと、驚くほどに作業効率が違いますよ。(^_^)v

Owner Comment yasu  2017/03/21@17:08:35

さっそく手配してやってみようと思ったら今日は雨でした…。
ちょっと楽しみです。
といっても、高級オイルではありませんが…。

この記事に対する TrackBack URL:

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0082 sec.
2017.3
SMTWTFS
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 232425
262728293031